クラブ概要

FC XEBEC中津川は、2006年に「NPO法人 ジーベックスポーツクラブ」を母体として誕生しました。現在は岐阜県中津川市を拠点に「岐阜県社会人リーグ1部」に所属しています。

XEBECとは

3本の帆を持つ帆船。

クラブでは、「選手」「保護者」「スタッフ」の3本の帆。
チームでは、「GK・DF」「MF」「FW」の3本の帆を意味する。

XEBECの歩み

沿革
1991年中津川ジュニアユース立ち上げ
2000年「中津川ジュニアユース」改め「FC XEBEC」としてクラブチーム設立
2002年「FC XEBEC Jr」を立ち上げ
2003年NPO法人取得
2006年「FC XEBEC岐阜(社会人)」を立ち上げ
2014年岐阜県社会人サッカー 2部リーグ 優勝・1部昇格

チーム理念

中津川ジュニアユース

  1. 部活の補填 … 好きな者達がサッカーに励むことが出来る環境つくり。
  2. 心技体の充実 … サッカーを通して、心(士気の向上)と技(技術の習得)と体(体作り)の一貫した指導体制。
  3. 感性と感動 … サッカー情報の交換、本物のスポーツを観る機会作り。
  4. 友情の基盤 … 頑張り屋同志の友達作り・仲間作りで相互成長。
  5. 広い視野 … 学校区のコミュニティから地域区のコミュニティへの飛躍。
  6. 生活の活性化 … 子供を通して、親とコーチが気楽に集う場の提供。
  7. 環境の提供 … 学校週5日制への移行、受験生の時間の有効活用、メジャー化への対応。

FC XEBEC

「個の育成」 … サッカーを通しての技術・メンタル・フィジカルの強化。人としての挨拶・礼儀の教育。